So-net無料ブログ作成
検索選択

「好事魔が多し」 [日常]

写真は 東海道 薩た峠】

薩垂峠.jpg

「好事魔が多し」とはまさにこのことなのかもしれません。12連勝で新横綱初優勝に驀進していた稀勢の里が12日目にとんでもないアクシデントに見舞われた。

先輩横綱日馬富士の厳しい立ち合いの当たりからの一気よりに土俵下に落ちた稀勢の里は、右手で左胸や、肩を抑えて苦悶の表情を浮かべ立ち上がる事すらできなかった。

しかし昨日14日目稀勢の里は鶴竜戦に強硬出場した。残念ながら左手に力が入らず鶴竜にあっけなく負けてしまった。春場所の熱気を、この大詰めにきて一度にしぼませてはならないという新横綱の責任感からだったのか。



共通テーマ:日記・雑感