So-net無料ブログ作成
検索選択

「五月晴」 [日常]

写真は 雪景色の中を驀進する「北斗星」 鉄道模型展にて】


雪景色の中を行く北斗星.jpg


長かった連休も終わり、楽しい思い出をもって孫たちも帰っていった。今日からは夏休みまで長い休みはなく勉強に運動にガンバッテ。


話題は変わりますが、日本列島上には黄砂が飛び空は霞んではいるものの五月晴れ。今年の最高気温が各地で記録しています。


五月晴れというと今では五月の気持ちのいい青空を思い浮かべますが、かっては違う意味を持っていました。


昔は、旧暦の五月といえば、梅雨のさ中にありました。そんな時季の晴天ということは、梅雨の合間にぽっかり広がる晴れのこと。つまり五月晴れとは、梅雨の晴れ間を指す言葉でした。


旧暦から新暦に切り替えたのは明治5年(1872年)のことですから140年余りの月日を経て、五月という季節のイメージがガラリと変わっています。そうそう沖縄から「梅雨入り」便りがそろそろ聞かれそう。


【写真は 五月晴れをもたらした8日の天気図】


天気図222.png