So-net無料ブログ作成
検索選択

「神の盾」 [日常]

写真は 梅は実ったが雨は?」


梅の実.jpg
「駆逐艦」は「以外にもろいんだなア」と感じました。17日伊豆半島沖で米海軍のイージス艦「フィッツジェラルド」とフィリッピン船籍のコンテナ船が衝突した。イージス艦は迎撃システムの中枢です。最新鋭「フェーズド・アレイ・レーダー」を損傷したうえ、乗組員7人が死亡したのは先のニュースでご存知の通りと思います。


修理には半年から1年かかるといわれています。「フィッツジェラルド」の損失は日米両国にとって大問題です。米海軍が日本周辺に配置しているイージス艦のうちBMDを搭載しているのは7隻、自衛隊のBMD(弾道ミサイル防衛)システム搭載艦は4隻です。補修や休養する艦があるため常時稼働しているのは米側が5隻、日本側が3隻の計8隻。この8隻はギリギリの数字で、この事故で7隻に減るとミサイルを撃ち落とす確率がかなり低下する。かといって今の米海軍には、他の地域からイージス艦を持ってくる余裕はないようです。


北は今回の事故で日本の守備体制に穴が開いたことは十分承知している。この時とばかり複数のミサイルを発射されたら日米はお手上げです。トランプ大統領が4月中旬に米空母「カールビンソン」が日本海に配置された時の勢いは今は無い。


「神の盾」に名の由来を持つイージス艦とコンテナ船との偶発事故が北朝鮮にとの外交交渉に深刻な影響が・・・。 この事故は、北朝鮮に有利に働くのか?。


共通テーマ:日記・雑感