So-net無料ブログ作成
検索選択

「14歳世代大活躍」 [日常]

写真は 蝉の抜け殻】


セミ.jpg
藤井聡太4段がこの19日で15歳になるという。まずは「おめどとう」ですが、14歳の藤井4段はプロデビュー以来30連勝と快挙の連続。


しかし「14歳の快挙」は藤井4段だけではない。振り返ってみると・・・。新聞によると


①岩崎恭子・・・1992年バルセロナオリンピック女子200M平泳ぎ。金メダルを手にしたのは14歳だった。


②浅田真央・・・14歳70日で女子フィギヤースケート国際大会でのトリプルアクセル成功。


③張本智和・・・世界卓球男子シングル準々決勝に進んだのは14歳のバースデーを24日に控えてのことだった。


ではなぜ「14歳世代」が大活躍するのか。


ある医学博士曰く。「小さいころから厳しい訓練を積み重ね、それが1万時間に到達すると一流の能力が培われる」という。4~5歳で訓練を始め10年後は14~5歳になる。上の4氏はそれぞれの道に入ったのがやはり4~5歳だった。


さらに、「14歳は子供から大人に変わる過渡期。大人の知力・体力と、子供の無邪気さがマッチしたことで爆発的な活躍につながったのでは」という。”怖いもの知らず”のチャレンジ精神か。みんな無くなるものがないから周りに気にせず挑戦できる。


ところが、これからは、経験を積んでいく過程で、その実績がジャマして、負けられない」「うまくやらなければ」という気持ちが芽生える。若い時の成功体験が、多い程、スランプになると元に戻すのに大変になる。


藤井4段の勝負はこれから始まる。末永い大活躍を祈るのみです。


共通テーマ:日記・雑感