So-net無料ブログ作成
検索選択

「マイナス50℃」 [日常]

写真は 長岡花火 フェニックス2017 花火の

大きさは東西2Kmに及ぶ 】


長岡33.png


長岡114.png


【写真は 長岡花火 ナイアガラ


長岡100.png


 




8月8日。秋の始まりはぞろ目の縁起の良い日から始まり、立秋の頃にふく風「涼風至る」というよりは、野分(台風5号)がこの地方にもやって来た。さらにこれからも野分が本番だ。大きな災いが無いことを祈ります。


台風が去れば再び暑さはぶり返すことだろう。そんな暑い中で、1926年1月26日ロシアの極東、シベリアのロシア・サハ共和国共和国にある人口500人足らずの小さな村オイミャコンで、なんとマイナス71.2℃を記録したという。


盆地で寒暖の差が激しいため、夏の日中は30.0℃を超えることがあるが、夜は氷点下に下がることもあるといいます。冬はマイナス50℃という寒さが当たり前という寒さで、年間平均気温は、マイナス15℃というこんな過酷な場所がある。


しかし、寒いことによって食物は瞬間冷凍され、寄生虫や病気の心配はないそうです。又人間が寒さを感じるのはマイナス15℃ぐらいまでだそうだ。それを超えると、もはや麻痺して寒さを感じなくなる。


一日中冷房の中にいるわれわれには考えらない世界です。









共通テーマ:日記・雑感