So-net無料ブログ作成

「秋麦至」 [日常]

先週の週末は30℃越えに真夏日を記録しましたが今朝は一転寒いくらいでした。真夏もそうですが、梅雨に入る前の暑さが増す頃も油断しやすい時期などで、寝冷えには気おつけてご自愛を。
そしてこの頃は麦が熟して実る七十二候では、「秋麦至」。秋の字は実りを意味し、麦秋とは麦の刈り入れ時のこと。そういえば道路分離帯にも麦に似た雑草の穂がたわわに実り「秋麦至」雰囲気だった。
麦は五穀の一つとして、昔から人の食を支えてきた。まだ機械が無かった時代、この時期に行う田植えは今よりキツイ仕事でしたが、採りたての麦粉で打ったうどんは、味しくて元気が出たことだろう。
  新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
 URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp

「隠居の極意」 [日常]

政治家が不祥事を起こした時、よく云われるのが「出所進退は自分で決める」というフレーズがある。先達たちも自己の進退は自分で決めてきた。江戸時代の「隠居」も、まさに尊厳のあらわれ。決断できる余力が残っているうちに、一線から身を引く決断をした。
なぜそうしたのか。後に続く世代が、自分を見られているとの自覚があったから。江戸時代は高齢者というだけで、若い世代が尊敬の眼差しを向けた。自然災害には、きわめて脆弱。衛生環境は整っておらず、医薬品も医療がも進歩していなく限られた時代だった。いや無かった時代だった。
そんな環境の中で長生きをするには、相応の努力が不可欠となる。経験を積み重ねる中で判断力も養われてくる。これらを備えた年配者であるが故、長生きが尊敬された。逆に今の世の中は、身体が満足に動かないのに車を運転し、大勢の人達を殺傷したりして社会問題となり、高齢者に向ける目は厳しい。「若い者の手本たれ」この意識が薄いようです。
高齢になればいつまでも運転することは危険が伴います。しかし「クルマしか移動手段がない」といってはズルズルと運転をしてしまう。こういった場合は「免許返納」ということになりますが、なかなか決断ができない。他人に強制されず自ら決断してこそ、高齢者の尊厳を保つことができる。
その心意気があれば、あの江戸時代でも還暦・古希は勿論、米寿も白寿も全うできた。
社会からも若者からも尊敬されながら、余力をもって退く。「隠居」の極意かもしれません。
  新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
 URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp

「これからも政治をしっかり見ておかないと」 [日常]

暑くなるにつれて尊い若い命が沢山奪われた。
・4月19日 池袋自動車事故⇒母子2人死亡 6人重軽傷
・5月8日 大津市内 右折車直進車正面衝突 園児2人死亡 1人意識不明の重体
・5月28日 川崎市登戸付近 通り魔的犯行から児童ら2人死亡 17人重軽傷
育児真際中の奥様やそのお子さん、保育園児、小学児童と何の落ち度もない前途洋々と広がる未来を一瞬に奪ってしまった。これって暑さのせい?それぞれの事故・事件は全く性格は違いますが、悲劇はこれでおしまいにしてほしいものだ。
話題はガラリと変わりますが、アメリカトランプ大統領を令和初の国賓として迎え25日から28日まで「最大のおもてなし」と「最大の警備」は怒涛のような4日間だった。
少し辛口ですが、大相撲観戦や北朝鮮拉致被害者らの面会などイベントを企画した政治ショーの感は拭えなかった。しかしながら日本の立場はアメリカ無しでは成り立たないのはよくわかりますが、自尊心や、愛国心を大きく傷つけられたような気がします。対米追従のやりすぎが逆に裏目に出ないようにしっかり舵取りをしてほしいものです。
   新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
 URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp

「手と日本人」 [日常]

「手形」「手違い」「手を加える」など、日本語には「手」にちなんだ言葉が多くあります。その由来は、日本人が農耕民族だったことを関係しているようです。
農作業で生活を支えてきた日本人は、手間暇(ひま)かけて仕事に励む姿勢が自然と養われてきた。それに伴って、手先は器用になり、やがて世界に誇れる、技術力を生み出すことにも、つながっていった。
手間暇かけるということは、頭の中で考えるのでなく、身体を実際に動かして、工夫改善を繰り返しながら動くということです。そうして行動を重んじる心情が、日本人の勤勉さを支えてきたのだろう。
  新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
 URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp

「首都圏厳戒」 [日常]

首都圏厳戒の中、トランプアメリカ大統領が25日夕方「令和」初の国賓としてメラニア夫人とともに来日した。
天皇、皇后両陛下と会見する最初の外国賓客となる他、安倍総理との首脳会談や海上自衛隊最大の護衛艦「かが」への乗艦などが予定されている。
「200年以上の中で最大のイベントに世界中の国の中で唯一主賓として招かれた」と言っていた。日本側も、改元後初の国賓をもてなすため、ゴルフ外交、大相撲千秋楽の観戦、炉端やき店にての夕食と、万全の警備とおもてなしのラッシュ。
今回日本政府の目的は、「日米同盟」の「日米の絆の強さ」を内外に強烈アピールするためにのものです。そして今日は天皇、皇后両陛下と会見、午後に首脳会談がある。これまでのおもてなしから「グイ」とギヤが入り厳しい交渉が行われる。
 新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
 URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp

「運命の15時40分」 [日常]

昨日は、春恒例の孫の運動会を見学させてもらった。
「先生方の働き方改革」から今話題になっている、運動会は12時30分までの半日の予定でプログラムは淡々と進んででいった。
また、ここ一両日の季節外れの猛暑から熱中症が心配されたのですが、先生方の気ずかいもあってか、体調不良や熱中症を訴える子供さんがいなかった。偶然かもしれませんが「半日運動会」が功を奏したようです。
話題はガラリと変わりますが、
今日は、競馬ファンが「堅い、堅い」といい、荒れる競馬の祭典「日本ダービー」が東京競馬場で開催される。
過去のデーターは、直近10年で3連単が1000円台だったのは3年前だけで、10万円超が5回、昨年はなんと、285万円馬券が飛びだした。今年も油断禁物。果たして今年も荒れるか、それとも「皐月賞」組が最高の舞台で最高の輝きを放つか、運命の15時40分。
 新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
 URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp

「丸儲け ボロ負け アメリカVS中国」 [日常]

トランプ大統領夫妻が今日から28日まで国賓として日本を訪問する。「令和」になって始めて天皇陛下に会見する外国元首夫妻になります。
今回の訪日が、日本にとっては、アメリカとの強固な同盟関係を世界にアピールする最高の機会になる。総理は先月来、アメリカを訪れてトランプ大統領と会談したばかり。大統領は6月末に大阪で開かれるG20首脳会議でも来日し、総理と会談する。まさに月一のペースの形になり、世界を見渡しても、これほど強いアメリカとの絆は見当たらない。
そんな中で中国は貿易問題で激しく対立している。制裁強化に対し、中国はすぐさま報復に出たが、どう見ても中国に勝ち目はない。中国のアメリカからの輸入量がアメリカ輸入量に比べて1/4程度しかないのに比べて、アメリカから見れば、多くの中国製品は他国製品で代替可能。その証拠に、制裁合戦の結果、中国の物価は上昇したが、アメリカの物価は上がっていない。なぜかといえば、中国の生産者は他国製品に振替えられたら、完全に市場を失ってしまうので、アメリカが課した制裁関税分を値下げせざるを得なかった。
一方、中国がアメリカから輸入している製品は他国製品に振り替えできず関税分を価格に転嫁し値上げした。、結局、中国の生産者が制裁関税の負担する一方、アメリカは関税収入分が丸儲け。中国はボロ負けだ。
 新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
 URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp

「消費税UPか現状維持か」 [日常]

20日に発表された1~3月期の実質GDPの成長率、年率で2.1%だったという結果が出ました。そのわけは 輸入が大きく減り(-4.6%)輸出の減少幅(-2.4%)を大きくうわまわったことからGDPを押し上げたということです。
この1~3月期の成長率がもしもマイナスであれば、総理の増税凍結の判断に大きく左右されたと思います。しかし結果は2%以上も増えた。米中貿易戦争に何とか耐えてプラス成長を保ったことだろう。増税賛成派はこれで勢いつき、増税される可能性は極めて高くなりました。
とはいえ増税決定!とはまだまだハードルが高そうです。すでに内閣府は「景気は悪化している」と発表していますし、6月に発表される日銀短観の結果によってはギリギリで、結果が翻ることもあるかもしれません。
増税することになれば政府与党は支持率を落とし、参議院選や、「解散風」が吹き、やるんじゃないかといわれている衆参W選挙は大負けをし議席を減らし、その結果、総理がなんとしてでもやりたかった憲法改正も、何もかもできなくなることは必至になる。
「消費税UPか現状維持か」さあ総理はどんな判断をするのだろう。
 新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
 URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp

「トランプ大統領座布団直撃か?」 [日常]

26日の大相撲夏場所千秋楽をトランプ大統領がマス席で観戦し優勝力士に「アメリカ大統領杯」を優勝力士に贈呈することになっています。
11日目(22日)を終えた時点での成積は
・1敗・・・朝乃山
・2敗・・・鶴竜、栃ノ心
・3杯・・・琴恵光   らが並んでいる。
優勝争いについては、今のところ朝乃山が優勝に最短距離にいますが、千秋楽までまだ5日もあり、さらに星のつぶし合いが激しくなる中、やはり横綱が一番強く二番目には大関復帰を狙う栃ノ心が有利か。
番付通りなら千秋楽結びの一番は「鶴竜VS豪栄道」戦。大相撲では、横綱が敗れる番狂わせが起こると「危険ですから座布団は投げないでください」というアナウンスもお構いもなしに、座布団が投げられるのが恒例。しかも鶴竜が敗れ、他の力士の優勝が決定することがあれば、座布団が舞う可能性は高くなる。
しかも、座布団がマス席のトランプ大統領に直撃したら某国のミサイル発射より大変なことになる。それを避けるためにも、千秋楽で鶴竜は絶対負けられないプレッシャーがかかる。
 新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
 URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp

「ロシアの軍事力」 [日常]

「北方領土を戦争で取り返すという趣旨の発言をしたトンデモ議員がいる。日本国民を敵に回してしまったようですが、いまだ白旗をあげず、籠城し立て籠もっている。
では本人はロシアと戦争して本当に勝てると本気で信じているのか。軍事力を分析してみると、世界137カ国の国の中で、ロシアの軍事力はアメリカに次ぐ第2位だ。世界軍事力ランキング2018年版によると
軍事力の差.PNG
  ※軍事指数は 0 に近いほど強い
日本は8位にいるとはいえ、軍事力の差が歴然としている。さらに、ロシアはこれらの他に約1600発の核弾頭を実戦配備している。
これだけ戦力に差があるの中、仮に日本が宣戦布告して北方領土に入った途端に、首都・東京始め、日本各地に核ミサイルの雨が降る。日本国民1.2億人は全滅する。このトンデモ議員は国民を守る立場にあるのが、日本国民を危険に追いやっている。
 新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
 URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp