So-net無料ブログ作成

「ニヤミス」 [日常]

6550万年前、白亜紀に地球上で繁栄していた恐竜が一瞬にして絶滅したとされている。原因は10km~15Kmの大きさの小惑星が地球に衝突して絶滅したという説が有力です。
25日に恐竜が絶滅したと同じように、また映画「アルマゲドン」のよう危機が地球に迫っていた。直径130mの小惑星が地球の近くを通過しているのが判った。もし地球に衝突していれば東京都と同じ規模の範囲を壊滅させるほどの大きさという。
時速8万6000kmで通過するのを、アメリカとブラジルの天文学者が発見した。この小惑星は「2019OK」と名付られ地球から7万2000kmの地点を通過。地球と月の距離(約35万km)の1/5ほどの距離で天文学ではニアミスだった。
発見が遅れた理由は、直径が100m程度で小さく、スピードが8万6000㎞と、とてつもなく早いため、通過の前日やっと観測できたという。危うく難を逃れられたのですが、こういうのがたびたび地球に来られては「2019OK」でなく「2019NO」のネーミングにしないといけない。
今回の小天体「2019OK」は金星の内側から火星よりも遠くを通る大きな楕円軌道を描きながら太陽の周りをまわっている太陽系内の小惑星ですが、2017年10月に太陽に接近した「オウムアムア」(恒星間天体)は太陽系外( 七夕で有名な、こと座ベガ方向)からやって来た天体だった。
形状は葉巻型をしていて、一説によると宇宙人が作った衛星?かと、天文ファンをに賑わしたのですが、今は遥か彼方ペガスス座方向へ飛んで行っているという。


共通テーマ:日記・雑感

「略記号」 [日常]

新幹線の話題です。JR東西にまたがる北陸新幹線は、車両も両社が開発した最新型E7系とW7系で、どちらもほぼ同じ仕様だ。EはJR東が所有する車両で、WはJR西。East(東)とWest(西)の頭文字だ。
では東海道新幹線の主流N700A。なぜJR東西のEやWのように社名でなく、Nなのか?
nはNew、あるいはNextの頭文字でそれまであった700系車両の発展型という意味だそうだ。
では最後のAはというと、Advacedの略だとか。700系の後に出てきたから、700系よりさらに進化した車両、ということらしい。2019年2月にはさらに新型のN700Sの試験車両が登場し、2020年の営業運転を目指すと発表されている。このSは Supreme(スプリーム)のS「最高の」をしている。現時点で素晴らしいネーミングでいいが、N700Sが数年後旧型になった時のことを考えるとどうなのか。
ちなみにJR東海の英語表記は Cenntral Japan Railway Company。中日本ということのようです。
さらにはJR東は East Japan Railway Company 英語版のアニュアルリポートでは社名の前に「Tokyo and Eastern Honshu」と表記してある。
セントラルとトウキョウ、両社の思惑が垣間見える。


共通テーマ:日記・雑感

「花火の歴史」 [日常]

花火は夏の風物詩として、日本人に欠かすことができないものです。身近な線香花火は物語のように、着火から火の玉が落ちるまでの〈起・承・転・結〉がある。その華麗な変化は「柳」「牡丹」「松葉」「散り菊」などの相に分かれ「0.1グラムの芸術」として海外から高い評価を得ている。
徳川家康が日本人として初めて花火見物をしてから120年後、かの”あばれん坊将軍”こと八代将軍吉宗は大飢饉とコレラ流行による多くの死者を慰霊するために、享保18年5月28日に水神祭を墨田川で行った。
両国橋界隈の料理屋は、同じ日に「施餓鬼会」の法要を営み、花火を打ち上げました。おととい(27日)に執行された「墨田川花火大会」の始まりとされています。
日本の花火には、納涼や娯楽とともに、慰霊と復興を祈る歴史と文化が受け継がれ、27日の台風や雨で延期になったところもありますが、例年のごとく全国各地で花火大会が開催される。
東海地方もいよいよ梅雨があけました。燃える夏に花火で納涼としゃれこみますか。
花火は夏の風物詩として、日本人に欠かすことができないものです。身近な線香花火は物語のように、着火から火の玉が落ちるまでの〈起・承・転・結〉がある。その華麗な変化は「柳」「牡丹」「松葉」「散り菊」などの相に分かれ「0.1グラムの芸術」として海外から高い評価を得ている。
徳川家康が日本人として初めて花火見物をしてから120年後、かの”あばれん坊将軍”こと八代将軍吉宗は大飢饉とコレラ流行による多くの死者を慰霊するために、享保18年5月28日に水神祭を墨田川で行った。
両国橋界隈の料理屋は、同じ日に「施餓鬼会」の法要を営み、花火を打ち上げました。おととい(27日)に執行された「墨田川花火大会」の始まりとされています。
日本の花火には、納涼や娯楽とともに、慰霊と復興を祈る歴史と文化が受け継がれ、27日の台風や雨で延期になったところもありますが、例年のごとく全国各地で花火大会が開催される。
東海地方もいよいよ梅雨があけました。燃える夏に花火で納涼としゃれこみますか。


共通テーマ:日記・雑感

「健康管理」 [日常]

昭和の怪物が江川、平成の怪物が松阪、令和の怪物が佐々木?は野球の「歴代の怪物」と揶揄されるのですが、昨日27日ドラゴンズVSベイスターズ戦の試合。松坂が連敗阻止と期待を込めてマウンドに上がったが、1回一死を取っただけで6失点と大炎上。松阪が打たれるのは想像してはいけないのですが、時代も令和に代わり引退の話題もそろそろ出てきそうだ。
話題は変わりますが、台風6号は関東方面へ去って本当に梅雨明け?・・・の発表がありそうだ。週間天気予報を見ると晴れマークと連日35℃以上の予想が出ている。
こんな時に気をつけないといけないのが、「熱中症」いつでも数時間おきに水分の補給することができるよう水筒の携帯や、水分を確保できる準備が必要だ。
次いで「睡眠時間」寝苦しい熱帯夜が続き、ついつい睡眠不足になりがち、熟睡できるよう十分対策をとって睡眠をとりたいものだ。
最後に、「栄養補給」過食や偏食をしないようバランスが良い食事をとる事が必要です。「夏負け」しないよう健康管理をしっかりしたいものです。


共通テーマ:日記・雑感

「毀誉褒貶(きよほうへん)」 [日常]

昨日の夕刊紙、「毀誉褒貶(きよほうへん)」の読めない四字熟語が至るところに躍っていた。辞書で意味を調べてみると、「褒めること、けなすこと、様々な評判」とあった。
新聞によると、英断か、それとも独善か。最速163㎞を誇る”令和の怪物”こと大船度・佐々木朗希投手は25日、岩手県大会決勝の花巻戦に登板も打者の出場もなく、2-11で敗れ同校の35年ぶりの甲子園出場は夢と消えた。監督は「怪我の可能性を防ぐため」と説明、甲子園出場よりも、選手の未来を守ることに優先した判断だった。 その判断が四字熟語の「毀誉褒貶」になった次第。
・ここまで来たら勝ちにいかなくてはいけない。
・エースで4番が決勝戦に出ないなんて。( ;∀;)も枯れ落ちてしまったよ。
・子供たちは納得しているのかな。
という意見がある一方で、
・本人と監督さんを含め、関係者が苦渋の決断をした。どういう決断をしても、彼とみんなで決めたことは正しいと思う。とあるプロ野関係者。
高校野球で頂点まで勝ち上がってくるようなチームは、チームの4番を打ち1人エースの高校が多い。昨今は球数制限問題の議論も活発化や、タイブレーク制度の導入によって選手がを故障や無理をさせないような制度が導入されている。これらをさらに進化させて開幕日の大幅な前倒しによる日程緩和の必要性があると思う。
   新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
  URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp


共通テーマ:日記・雑感

「簡単に翻るなんて」 [日常]

当初と全く違う展開になっているお笑い芸人による闇営業問題。間違っていけないのは、たとえ知らなかったといえ、反社会勢力である犯罪集団から、芸人がギャラを受け取ったことは許されることではないということ。
一方で、今ワイドショーをにぎわしている宮迫博之が会見で明かしたパワハラ発言や、極楽とんぼの加藤浩次の上層部批判は、闇営業問題とは切り離して考えてないとゴチャゴチャになって判からなくなる。
もう一つは宮迫への処分がいとも簡単に撤回になったこと。あるタレントが言っていた。「そんな簡単なことなん?俺らの立場って」
一人の人間を事実上クビにして、マスコミに公表する以上は、それ相応の理由が必要。それを「辛い思いをさせた」という感情論で撤回できるものか。当初の処分理由がいかに適当なものであったか疑ってしまう。
それにしてもパワハラ発言や上層部批判は、サラリーマンにとっては身近な出来事の縮図のように映っている。
   新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
  URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp


共通テーマ:日記・雑感

「聖火台はいずこに?」

昨日24日開幕まで1年となった東京五輪・パラリンピックの聖火台のデザインが固まったという。基本理念は「太陽」で、聖火台は球体になる見込み。「太陽」は「日出ずる国・日本」の歴史を表わしている。
では構造はどんな仕組みになっているのかと素朴な疑問が湧く。球体は金属性の可動式で点火後に球体を開いて中から聖火が現れる仕組み。燃料は燃料電池車などを使われている水素を使い、日本の先端技術を披露するには格好の舞台だ。
しかし未だにわかってないのが大会のシンボルである聖火台の位置。工事関係者も判っていなく、工事期間も短くなり心配の種だという。ひょっとしたら聖火台は移動式で空を飛んだり、水にもぐったりして想像を絶する聖火台になるのだろう。


共通テーマ:日記・雑感

「キャンペーン成功」 [日常]

夏の土用の丑の日に鰻を食べる慣習は、江戸時代に平賀源内が考案したものとよく知られています。
「暑い夏の鰻の売り上げが落ちるのは当たり前」と思われていた当時、源内は鰻屋の販売促進のアイディアを考えた。
まず彼の頭に思い浮かんだのは、鰻を食べると夏痩せを防げるという短歌が「万葉集」にあったことでした。
もう一つは、昔から土用の丑の日に「う」の字のつくものを食べると暑気あたりしないとされ
瓜・うどん・梅干しを食べて夏バテを予防しよう、というキャンペーンを成功させた。
食物は私たちの、体力・気力を支える根幹です。そろそろ梅雨明けしそう陽気になってきました。急に暑くなると身体が持ちません。ウナギに限らず、しっかり食べて、暑い日を乗り切ろう。
   新しいブログ「イワショーの徒然 2」のURLは下記の通りです。
 
  URL  https://iwasyo2.blog.so-net.ne.jp


共通テーマ:日記・雑感

「電波シャック・・・」 [日常]


お笑いタレント吉本興業 宮迫博之さんと田村亮さんの会見を受けて、吉本興行岡本社長の会見が22日14時から会見が始まった。14時といえば民放各局のワイドショーが始まる時間帯。
この模様は民放すべてで生中継され、まさしく電波ジャックの様相だった。
そもそも事の発端は、裏社会の飲み会に出席してギャラを「貰った」「貰わなかった」が発端だった。写真週刊誌に載って即座に「ゴメンナサイ」と言えばよかったものの「ギャラは貰ってなかった」から始まった。ついで「会見を開く」「会見を開かない」で結論がでずその間会社と意見がかみ合わず、社長のパワハラ疑惑まで持ち上がり1カ月半の時がすぎてしまった。
この会見を見ていて、自社のタレント、お笑いタレントが退路を断った、涙、涙の会見(20日)に追い詰めたのはズバリ経営者の責任。これではお笑いの会社の本業からお笑いが無くなる。
さらには岡本社長の対応は経営者としては、言葉も足りなく不信感がさらに増幅した感があった。吉本公認スポンサーに反社スポンサーがあるということ認めたが、このあたりのクリーンさはどうなるのか。この話題は今度は2弾、3弾とお家騒動が持ち上がる。そして総理大臣も吉本の舞台に立てば立つほど危険がいっぱいだ。


共通テーマ:日記・雑感

「宇宙基地は南部に・・・」 [日常]

日本列島全体に梅雨明けが遅れていますが、台風5号が通過すれば梅雨明け?もうしばらくの辛抱です。一方暦上は「大暑」。夏真っ盛りです。
話題は変わりますが、1969年7月20日アメリカアポロ11号が月面着陸して50周年を迎え、当時のビデオテープが競りに出されたりして、いろいろ話題になっています。
そんな中で、アメリカ宇宙開発基地は、その多くが南部に建設されている。例えば、ケネディー宇宙センターはフロリダ州、他の宇宙センターはテキサス州のヒューストンに、さらに日本も同様に種子島(本来は沖縄県に基地を建設したかったのだが、建設時はまだ沖縄は日本に返還されていなかった)鹿児島県内浦といった具合に南の方にある。これはどんなワケがあるのか。
南部の集中する理由は、単純いうと「赤道に近いから」。そこからロケットを打ち上げた方が燃料が節約できことから。即ち地球上で自転する速度が一番早い赤道上から、自転と同じ東向きにロケットを打ち上げることで自転速度をプラスして、燃料を節約している。
又人工衛星のうち「静止衛生」と呼ばれる衛星は、赤道上を飛ばなければならない。もし、赤道から離れた地点から打ち上げれば、軌道修正が必要になる。反対に赤道に近いほど修正にも少なくて済むため、やはり燃料節約につながる。


共通テーマ:日記・雑感